TDB REPORT ONLINE

2019年4月1日より働き方改革関連法および改正出入国管理法が施行され、多様な人材の確保・活躍推進、生産性向上に向けた取り組みが注目されているなか、深刻な人手不足が続く中小企業では、魅力ある職場づくりが人手不足解消につながることから、働き方改革への取り組みが不可欠な状況にある。

中小企業・小規模事業者の経営支援ならびに人材確保に関する政策の企画・立案に取り組んでいる経済産業省中小企業庁 経営支援課課長補佐の森本 要氏に中小企業における働き方改革の現状と課題、ならびに支援策などについて話を聞いた。

○森本様_トリミング.JPG

この続きを読むには会員ログインが必要です。
ログイン

関連記事